異世界

スポンサーリンク
異世界

バトルランナー【駄作】薄っぺらなメディア批判とヌルいアクション(ネタバレあり・感想・解説)

(1987年 アメリカ)一部に再評価される向きもあるようなのですが、あらめて見てもメディア批判に深みはなく、ありがちな内容だなぁという感じだったし、主人公にも悪役にも魅力がなく、アクションは鈍重で緊張感がありませんでした。 ...
異世界

カットスロート・アイランド【凡作】史上最高の爆破だけを堪能する映画(ネタバレあり・感想・解説)

(1995年 アメリカ)整理されていないキャラクター、困れば方向転換を繰り返すストーリーと映画としては面白くないのですが、尋常ではない予算がかかっている映画なので爆破シーンは圧巻であり、アクション映画として見る価値はあります。 ...
異世界

エンド・オブ・デイズ【凡作】サタンが間抜けすぎる(ネタバレあり・感想・解説)

(1999年 アメリカ)シュワとキリスト教団が死闘を繰り広げる前半部分はなかなか面白く、言われるほど悪い映画でもないのですが、サタンが本格的に動き始めてからはネタ映画になります。 あらすじ 民間警備会社に勤めるジェリコ...
異世界

ジャッジ・ドレッド(2012年)【良作】硬派なデカレンジャー(ネタバレなし・感想・解説)

(2012年 イギリス・南ア・アメリカ・インド)スタ版から製作規模は大きく縮小したものの、英国らしいどんよりとした空気やドレッドのダークヒーローぶりが光る好編に仕上がっていました。圧倒的劣勢なのに1ミリ秒たりとも動じない堂々たる態度に、悪...
異世界

ジャッジ・ドレッド(1995年)【凡作】悪くはないです、本当に(ネタバレあり・感想・解説)

(1995年アメリカ)大変混乱した作品であり、決して出来は良くないのですが、監督・脚本家はコミックを越えた重いテーマをこめようとしており、その片鱗は完成作品にもちゃんと残っています。何をやりたかったのかを補完してあげながら見ることで、この...
異世界

アイランド【凡作】マイケル・ベイに知的な映画は無理だった(ネタバレなし・感想・解説)

(2005年 アメリカ)マイケル・ベイ印の見せ場は迫力があるし、20歳そこそこのスカーレット・ヨハンソンは魅力的だし、決して見所のない映画ではないのですが、SF映画としてはまるで完成されておらず、「もっと面白くできたはずなのに」と歯痒い思...
異世界

シックス・デイ【駄作】予見性はあったが如何せんダサい(ネタバレあり・感想・解説)

(2000年 アメリカ)クローン技術が確立された世界。ヘリコプターパイロットのアダムが帰宅すると、別の自分が誕生日を祝っていた。 公開時にも鑑賞したのですが、動員力が急激に落ちていた頃のシュワの華の無さや、SF大作風の宣伝と...
異世界

コナン・ザ・バーバリアン【良作】血と見せ場たっぷりの快作(ネタバレなし・感想・解説)

(2011年 アメリカ)キンメリア人の少年コナンは、アケロン人の戦士カラー・ジムの軍団に村を襲われ、目の前で父親を惨殺される。大人になったコナンは父と一族の仇をとるためにカラー・ジムを追っていたが、ある日ついにその幹部を発見する。 ...
異世界

コナン・ザ・グレート【凡作】雰囲気は良いが面白くはない(ネタバレあり・感想・解説)

(1982年 アメリカ)セット教により幼少期に両親を殺されたコナンは屈強な戦士へと成長し、教団への復讐を開始する。 コナン・ザ・バーバリアン【良作】血と見せ場たっぷりの快作(ネタバレなし・感想・解説) ©Universal ...
異世界

デューン/砂の惑星【良作】見応えが凄い(ネタバレあり・感想・解説)

(1984年 アメリカ)視覚的にはかなり見応えのある映画で、個人的には大好きです。ストーリーテリングに難があるため全面的な支持はできないのですが、出来の悪い子ほどかわいいと言うか、これだけ穴だらけだとブランクを自分の頭で補うことが楽しくな...
スポンサーリンク