エグゼクティブ・デシジョン【凡作】もっと面白くなったはず(ネタバレなし・感想・解説)

(1996年 アメリカ)
ワシントンD.C.行きの旅客機がハイジャックされるが、その機には化学兵器が持ち込まれている可能性があった。もし化学兵器が散布されれば東海岸壊滅という予想もなされる中で、飛行中の旅客機に特殊部隊を送り込むという作戦が提案される。

©Warner Bros.

『フォレスト・ガンプ』とトレードされた企画

『プレデター』のジム&ジョン・トーマスによって執筆された本作の企画を当初進めていたのはパラマウントだったのですが、企画が棚上げされた後に、ワーナーが脚色やキャスティングで行き詰っていた『フォレスト・ガンプ/一期一会』と交換されました。

プレデター【良作】マンハントものの教科書的作品(ネタバレあり・感想・解説)

両作の最終的な製作費は5500万ドルとほぼ同額だったのですが、パラマウントが『フォレスト・ガンプ/一期一会』で6億7700万ドルも稼いだのに対して、本作の世界興収は1億2200万ドルと5分の1も稼げませんでした。この結果に、ワーナー幹部は地団駄を踏んで悔しがったことでしょう。

スチュアート・ベアードの監督デビュー作

このブログでは大変お馴染み、スチュアート・ベアードの監督デビュー作です。

この人の本職は編集マンで1970年代から活躍しており、非常に腕が良いので編集の神様なんて呼ばれることもあるのですが、あまりに巧すぎてダメ映画の手直しに駆り出されることも多く、この人の名前を見つけると「この映画は何かあったんだな」と思った方がいいような状況となっています。そんなベアードが手直しで参加した主な作品が以下の通りです。

≪スチュアート・ベアードが直した作品≫
デッドフォール【凡作】撮影現場は地獄だった
リトルトウキョー殺人課【駄作】彼女を見捨てて修行するドル
ラスト・ボーイスカウト【凡作】荒み方が最高な前半とブチ壊しの後半
デモリションマン【凡作】期待しすぎなければ楽しめる
ミッション:インポッシブル2【駄作】シリーズ随一の駄作
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

特にワーナーへの貢献度が高かったので、ご褒美で本作の監督をさせてもらったんでしょうか。

堅実なサスペンスアクション

見せ場がなくてもサスペンスで引っ張る

本作の見せ場はイントロのセガール部隊突撃とクライマックスの飛行機大パニックくらいしかなく、サスペンスアクションを標榜する割にアクション要素には乏しいのですが、サスペンスだけでも観客をグイグイと引っ張っていくような牽引力があります。

意表を突く展開の連続であるという脚本の充実ぶりに加えて、長年娯楽作に携わってきたベアードは観客を飽きさせないテンポを分かっているようで、見せ場に依存しなくても映画をもたせています。

情報整理の巧みさ

  • ハイジャックグループの要求は米軍に捕らえられた組織のボス・ヤファの釈放である
  • しかし、ハイジャックグループのリーダー・ハッサンは、ヤファ逮捕の際に陰で米軍に協力した人物だった。過激派のハッサンは、穏健派のヤファを邪魔者と考えていた。
  • ハッサンはヤファの部下達をハイジャック計画に取り込むためにヤファ釈放という要求を掲げたが、本当の目的は化学兵器を使ってのワシントンD.C.攻撃である。
  • ヤファ以外のハイジャック犯達は自爆テロのことを知らない
  • ハイジャックグループとは別に爆弾の起爆係を乗せているが、誰が起爆係かを知っているのはハッサン一人

この通り、本作の設定は極めて複雑です。下手な監督が撮っていれば何が何だか分からない映画になったところですが、本作の情報整理は実にうまくいっており、理解しようと思わなくても情報が勝手に頭に入ってくるような感覚すら持ちました。やっぱり編集の神はダテじゃないなと。

ただし、画面に色気がない

問題は、熟練監督ならば出せるような色気がないことでしょうか。見せ場が無くても何かしらの美学で観客を引き付ける画というものは撮れます。例えば『スパイ・ゲーム』という映画も派手な見せ場のない娯楽アクションでしたが、トニー・スコットのビジュアルセンスによって、観客の目を楽しませることができていました。本作にはそれがないんですよね。そのことが、本作を「堅実」というレベルに留めています。

スパイ・ゲーム【8点/10点満点中_面白くてかっこよくて深い】(ネタバレあり・感想・解説)

本来あったはずの深みがなくなっている

加えて、機内のサスペンスに焦点を絞り過ぎたことから、この脚本に本来あったはずであろう重要な構成要素がいくつか犠牲にされている点も気になりました。

“エグゼクティブ・デシジョン(最高決定)”が置き去りにされた本編

無辜の市民を乗せた旅客機を撃墜するかどうかの選択を迫られる司令部の葛藤が本作の重要なファクターだったはずであり、だからこそタイトルがエグゼクティブ・デシジョン(最高決定)なんですね。

状況はかなり逼迫しており、もし化学兵器を積んだ旅客機をD.C.に着陸させれば首都どころか東海岸の半分も壊滅するという予想がなされています。ただしこれはアナリストが状況から推測して言っているだけで、確信は持てないという点がミソ。しかもそのアナリストは一つ前の作戦では予想をミスっており、そんなアナリストの意見を信用して無辜の市民を殺すという取り返しのつかないことをしてもいいのかと。

特殊部隊突入後にも司令部の苦悩は続きます。輸送機が大破した上に部隊は通信機を失ったので司令部と現場がコミュニケーションをとれなくなり、機内に化学兵器があるのかどうかという確認がとれないばかりか、部隊が生存して作戦を遂行しているのか全滅したのかも分からない。司令部は黙って見ているしかない状況になってしまいます。

こうした中での司令部の意思決定が作品のハイライトの一つであり、デッドラインが迫る中で司令部はどう腹を括るのか、また現場部隊はどうやって撃墜を回避するのかというサスペンスがあって、そこからクライマックスに向けた大きな流れを作るべきだったのですが、この意思決定というテーマがすっぽりと抜け落ちています。これは非常に残念でした。

ミスを犯した主人公の成長譚になっていない

前述した通り、カート・ラッセル扮するアナリストのグラントは一つ前の作戦で予想をミスっているのですが、そんな大チョンボにも関わらず「あくまで予想なので外すことだってありますよ」って感じでヘラヘラしており、責任感の欠片もありません。

そんなグラントの態度が、空振りだった前回の作戦で部下を無駄死にさせた上に、化学兵器を確保し損ねたために起こった今回のハイジャック事件の解決にも動員されて気が立っていたスティーヴン・セガール扮するトラヴィス隊長を刺激し、「お前も一緒に現場へ来い」と言われてしまいます。

本作は、一段上で構えてきたアナリストが、現場に入ることで多くを学ぶというグラントの成長譚でもありました。ただしこの点がまったく深掘りされていません。

まずグラントを恨んでいるのはトラヴィスのみで、その他の隊員達とグラントの間には軋轢がまったくない様子なので、トラヴィスが死んだ後はみんな仲良し。これでは終始しかめっ面だったトラヴィスが悪者っぽく見えてしまい、従前のグラントの言動に問題があったという点が見えづらくなってしまいます。

また、旅客機への潜入直後からグラントは的確なリーダーシップを発揮し、テキパキと隊員達を動かし始めます。最初から有能だと、欠陥を抱えた人間の成長譚として成立しないのですが。

グラントと隊員達の間には緊張関係があって、意見が割れた際に「お前は予想をミスって俺らの仲間を殺しただろ」と言われるようなホットなやりとりが必要だったし、グラントがこうした心理的なハードルをどう乗り越えるのかという点にこそ、ドラマの面白みがあったはずなんですが。

≪スティーヴン・セガール出演作≫
刑事ニコ/法の死角【凡作】パワーと頭髪が不足気味
ハード・トゥ・キル【駄作】セガール初期作品で最低の出来
死の標的【凡作】セガールvsブードゥーの異種格闘戦は企画倒れ
アウト・フォー・ジャスティス【良作】セガール最高傑作!
沈黙の戦艦【良作】実はよく考えられたアクション
沈黙の要塞【凡作】セガールの説教先生
暴走特急【良作】貫通したから撃たれたうちに入らない
エグゼクティブ・デシジョン【凡作】もっと面白くなったはず
沈黙の断崖【凡作】クセが凄いがそれなりに楽しめる
DENGEKI 電撃【駄作】セガールをワイヤーで吊っちゃダメ
【まとめ】セガール初期作品の紹介とオススメ