スピード2【駄作】驚くべき失速ぶり(ネタバレあり・感想・解説)

(1997年 アメリカ)
キャラクター、アクション共に後退したガッカリな続編でした。またユーモアとスリルのバランスも崩れており、監督や俳優が笑いを取ろうとする度に観客の舌打ちが聞こえてきそうな内容となっています。クライマックスの豪勢な見せ場こそ楽しいのですが、そこに至るまでの時間は拷問のように長く感じられます。

©Twentieth Century Fox

あらすじ

ジャックと別れたアニーは新しい彼氏アレックスと付き合っており、二人は豪華客船でのカリブ海クルーズへと旅立つ。しかし客船には不当解雇されたことで会社に恨みを持つシステムエンジニア・ガイガーが乗り込んでおり、彼は船を大型タンカーに衝突させて大爆発させるつもりでいた。

作品概要

『ダイ・ハード3』の没脚本の流用

前作『スピード』(1994年)の公開直後から続編製作の話があり、一時期はある高度以下に下がれない飛行機という案もあったものの、最終的には船に決定しました。

この脚本は1990年代前半に『ダイ・ハード3』として書かれたもので、『沈黙の戦艦』(1992年)の大ヒットの影響でボツにされたまま埋もれていました。ヤン・デン・ボンの前作『ツイスター』(1996年)の脚色を行ったジェフ・ナサンソンがこれを『スピード2』に書き換えました。

沈黙の戦艦【良作】実はよく考えられたアクション

キアヌ・リーブスに断られる

主演には当然キアヌ・リーブスが考えられていたのですが、キアヌは『チェーン・リアクション』(1996年)に出演した直後でアクション大作に食傷気味だったこと、同時期に『ディアボロス/悪魔の扉』(1997年)のオファーも来ていて、アル・パチーノと共演できるそちらに出演したかったこと、自身も参加しているバンド・ドック・スターのツアーがあったことから、本作の出演を断りました。

チェーン・リアクション【凡作】『逃亡者』の出涸らし以下

代役としてはマシュー・マコノヒー、ジョン・ボン・ジョヴィ、クリスチャン・スレイターらが考えられていたのですが、最終的に『スリーパーズ』(1996年)のジェイソン・パトリックが選ばれました。キアヌと比べると随分とパッとしないルックスなのですが、ジュリア・ロバーツやジェニファー・ジェイソン・リーと次々交際するモテ男で、アメリカではセクシーな男性にも選ばれるような人物でした。

スリーパーズ_穴だらけのクライムサスペンス【3点/10点満点中】

前作の5倍以上の製作費

前作の制作費3千万ドルに対し、本作の製作費は1億6千万ドル。実に5倍以上もかかっているのですが、一体何にそれだけかかったのかというと、まずはサンドラ・ブロックのギャラに1150万ドル、クライマックスでシーボーンレジェンド号が港町に乗り上げる場面に2500万ドル(当時としては史上最もコストのかかった場面だった)、また実在の豪華客船シーボーンレジェンドを6週間に渡り借り切って撮影したことも製作費高騰の一因でした。

感想

スピード感皆無の演出

本作の構成は恐らく意図的に前作をなぞっているのですが、同じ監督とは思えないほどにスピード感がなくなっており、一切ハラハラドキドキさせられませんでした。

このままいけばどんな問題が起こるのか、それを防ぐためにヒーロー・ヒロインは何をしなければならないのか、対応策を行うに当たっての障害物は何なのかという情報整理がまったくできていないままにアクションが始まるので、危機また危機の連続のはずなのに「あぁ、何かワタワタしてんなぁ」という冷めた目で眺めるに留まりました。

加えて全体的にユーモアを増やしているのですが、スリルとユーモアのバランスを完全に間違えていて、肝心な場面でコミカルなやりとりが発生することが観客にとってのストレスになっています。

例えば捕らえられたアニーとガイガーのやりとり。これは前作でアニーがハワードに捕らえられた場面の焼き直しなのですが、前作では完全に怯え切ったアニーが場面全体の緊張感を高めていたのに対して、本作では強気に言い返すアニーとガイガーとのやりとりがややコミカルに演出されています。そのことによって敵の存在感が軽くなり、引いては場面全体の緊張感が失われるに至っています。

ジェイソン・パトリックの華の無さ

キアヌ・リーブスという奇跡的なイケメン俳優を失い、その代わりが地味顔で生え際のやや寂しいジェイソン・パトリック。彼では完全に役不足でした。『プレデター』(1987年)の続編がダニー・グローバー主演だった時くらいにガッカリしました。

プレデター2【駄作】キャラ確立に貢献した失敗作(ネタバレなし感想)

別にジェイソン・パトリックやダニー・グローバーが嫌いではないのですが、あまりに華のあった前任者と比較した時に、そのチョイスは無さすぎやしないかというガッカリ感ですね。

そして作品はアニーとアレックスの結婚問題が横軸となるのですが、そもそもアレックスという人物に関心を持てていないので、二人の関係が実にどうでもよく感じました。

『スピード』のジャック
©20th Century Fox
『スピード2』のアレックス
男の趣味の変化が凄い

クライマックスの大スペクタクルは見もの

そうは言っても1億6000万ドルがかけられた大作なので、金のかかった見せ場には相応の見応えがありました。

クライマックスではタンカーを避けた客船が港町に乗り上げ、建物を破壊しながら減速して止まるのですが、実に2500万ドルもの費用が投じられ、実物大の建物と船首が建造されただけに、その迫力は段違いでした。

尋常ではない破壊

続いてガイガーの乗った飛行機がタンカーに突っ込み、タンカーを巻き込んで大爆発を起こすのですが、先ほどの場面とは対照的にフルCGで作られたこの場面は当時としては驚異的な完成度であり、現在の目で見てもアラが見当たらない程によく出来ています。

客船がタンカーとの衝突を避けた結果として港町を破壊したのに、結局最後はタンカーが爆発するんかいという構成上の不備はあるものの、細かいことには目を瞑りたくなるほど見ごたえが両場面にはありました。

≪優秀な兄≫
スピード【良作】簡潔で面白いアクション映画の理想形

≪底抜け超大作≫
デューン/砂の惑星【良作】見応えが凄い
スペースバンパイア【良作】裸だけが見せ場じゃない
アビス【凡作】キャメロンでも失敗作を撮る
エイリアン3【駄作】絶望的につまらないシリーズ最低作
ラスト・アクション・ヒーロー【凡作】金と人材が裏目に出ている
ジャッジ・ドレッド(1995年)【凡作】悪くはないです、本当に
ウォーターワールド【凡作】見るに値する失敗作
ロング・キス・グッドナイト【良作】アクションとドラマの融合
スピード2【駄作】キャラ・アクション共に大きく後退
アルマゲドン【凡作】酷い内容だが力技で何とかなっている
エンド・オブ・デイズ【凡作】サタンが間抜けすぎる